◆NIT ブログ

不況に強い!建設業界の秘密

 

NIT動画バナー   学費サポートサムネ

――――――――――――――――――――――――

みなさんこんにちは!

NIT入学相談室です。
蒸し暑い日が続きますね。

 

本日は、「不況に強い建設業界」をテーマにお話しをします!

みなさんが専門学校入学を考えるとき、何を大切にしていますか?
「資格」や「技術」はもちろんですが、「みなさん全員が気になっている!」といっても過言ではないこととして、「卒業後の進路(就職)」があると思います。

 

これから不況になっても就職できるのか…ちょっと不安ですよね。
そんなみなさんに知っていただきたいのが、この建設業界不況に強い業界であるということ。

下記にて1つずつ解説していきます!

 

<そもそも、建設業界って?>
【安定した需要があり、業界規模も大きい】
土木や建築に関わる「住」を担う業界で、生活に欠かせないものを作ります。
生活に密着した業界ということで安定した需要があり、業界規模が大きいです。
名称未設定-1 NIT_denki_main

<不況時の就職活動も安心な理由1>
【東京オリンピック以後も、建設投資は安定】
今後も建設投資は多数予定されています。今後も安定して仕事のある業界だからこそ、
人材が必要です。

名称未設定-2建築大工科

 

<不況時の就職活動も安心な理由2>

【圧倒的売り手市場】
建設業界では、55歳以上が35%。他業種に比べ若者の割合が低いです。

名称未設定-4
建設業の生産体制を将来に渡って維持していくために、現場は20代の若手を求めています
今後も安定して仕事があり、もともと若者を求めている業界だからこそ、不況でも就職が決まりやすい傾向にあります。

ちなみに、2020年の求人倍率は6.21倍!
名称未設定-3 測量建設科 WEB
各企業が、若者の獲得のために給与アップや労働環境の整備で就職希望者を集めようと必死です。
皆さんにとっては、より条件の良い会社を選ぶことができるため、狙い目の業界でもあります。

 

不況に強い建設業界について、知っていただけましたでしょうか。
少しでも興味がある方は、ぜひオープンキャンパスで分野体験をしてみてくださいね。

お待ちしています!

============================

おーきゃん

次回のオープンキャンパスは8月22日!お待ちしています。

 

詳細はこちら

 

 

 

 

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt