◆NIT ブログ

【新型コロナウイルス感染症】家計が急変したご家庭向け奨学金紹介

こんにちは。新潟工科専門学校です。

 

この度の新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、進学・進級が困難になった方、その他「自力で進学資金を用意する必要がある…」という方向けの応援制度をご紹介します。

 

進学資金について不安を抱えている皆さん、

夢をかなえるための進学を応援する、奨学金制度があります。

 

【奨学金制度その① 高等教育の修学支援新制度】
この制度は
①授業料等減免制度
②給付型奨学金(日本学生支援機構)の支給
この2つで構成されています。

①授業料等減免制度
入学金 最大10万円
授業料 最大59万円
合計で最大69万円が減免されます。
(※世帯収入や家族構成によって基準が異なります)

②返金の必要のない給付型奨学金(日本学生支援機構)の支給
自宅生は約46万円給付(返金の必要なし)
自宅外生は約91万円給付(返金の必要なし)
 (※

世帯収入や家族構成によって基準が異なります)

①、②の制度により
自宅生は最大約115万円減免・給付
自宅外生は最大約160万円減免・給付となります。
これにより、NITの学費(年間)が

・自宅生は6万円~11万円
・自宅外生は0円

になります。

<申し込み資格>
住民税非課税世帯 及び それに準ずる世帯の学生
※諸費用等は別途必要です。
※高校3年生で申請に間に合わなかった方も、進学後申込むことができます。

無償化

詳しくは文部科学省のHPをご確認ください。

 

支援の対象になるかどうかは、日本学生支援機構「進学資金シミュレーター」で確認ができます。

 

【奨学金制度その2 日本学生支援機構奨学金制度 】

この奨学金は、「給付型奨学金の対象者ではないが人物・学業共に優れており経済的な理由により修学が困難な方」を対象としています。

■第一種奨学金【無利子】

≪毎月の貸与額≫

自宅通学:2万円~5.3万円(金額は選択)

自宅外通学:2万円~6万円(金額は選択)

<申し込み資格>

日本学生支援機構が定めた収入基準以下で、高等学校最終2か年の評定平均値が3.2以上

 

■第二種奨学金【有利子】

≪毎月の貸与額≫

2万円~12万円(金額は選択)

<申し込み資格>

日本学生支援機構が定めた収入基準額以下であること。また、学習意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると学校長が認めた方。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

 

 

【NSGカレッジリーグ 災害奨学融資制度】

災害にあわれた方や新型コロナウィルスの影響で家計が急変した方が利用できる制度です。
自然災害により被災した影響で就学が困難と思われる学生および、新型コロナウィルス感染症の影響により家計が急変し、進学・進級が困難な方に対し、学校が連帯保証人となり当方が指定する金融機関とクレジット契約を締結することで、就学の便をはかります。

≪貸与の総額≫最大500万円(学費の総額を限度とします)

<申込資格>

・奨学生としての態度・行動を忘れずに学業に励む方。

・経済的に就学が困難な方で、次の①〜④のいずれに該当する方。

(①~③につきましては、自己の所有する住居について『り災証明』を受けている方)

①震災・水害等による住居の被害が全壊、大規模半壊、または半壊の方。

②震災等による住居の被害が一部損壊で世帯合計所得が500万円以内の方。

③水害による住居の被害が床上浸水で世帯合計所得が500万円以内の方。

④新型コロナウィルス感染症の影響により家計が急変し、進学・進級が困難な方

<融資方法>

オリエントコーポレーションまたはセディナのクレジット契約を締結。

<金利>

固定金利型 年3.5%(2020年2月14日現在)

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

 

 

奨学金を利用すれば、自分の力で進学できます。
気になった方、詳しくは当校事務局までお問い合わせ下さい。

【お問合せ先】
 新潟工科専門学校
TEL:0120-180-068
Mail:nit@nsg.gr.jp

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt