◆NIT ブログ

続報!【最新累計合格率もトップ】2級建築士 合格率&合格者数 共に新潟県内NO.1!

NIT動画バナー

――――――――――

IMG_0412
2019年度
2級建築士試験 
の結果をご報告します。

 

NIT建築士専攻科

最新2019年度(令和元年度)合格率

 

【学科】89.3%(全国平均42.0%)

                                               

【設計製図】84.0%(全国平均46.3%)

                                                 

【総合合格率】

75.0%(全国平均22.2%) 合格者数21名

                                                 

 

『合格率』&『合格者数』ともに

新潟県No.1の実績でした!

 

 

 

建築士学科建築デザイン科インテリアデザイン科建築大工科 4学科出身の学生たち。

みんな頑張りました!
でも、もしかすると去年は?一昨年は?と過去の結果が気になる人もいるかもしれません。
そんな声にお応えして、

最新5か年の『累計合格率』も発表します。

 

【累計合格率とは】
累計とは、小計を加えていって合計を出すことを意味します。つまり、最新5か年の合格率であれば2014年度~2019年度の「(合計の合格者/合計の受験者)×100」という式で5年分の「累計合格率(%)」が分かります。

■メリット

単年度だけでなく、複数年度の平均合格率が分かる点です。

■デメリット

あくまで平均の合格率なので、単年ごとの合格率に凹凸があっても分からなくなってしまう。(例えば過去20年間の累計合格率だと、「昔は合格率100%の年が続き、近年は合格率30%」でも累計を出すと「累計合格率90%」なんてことも…!)注意が必要です。

 

よって、「最新年度(単年)の合格率」と、「近年の累計合格率(過去3年~5年の合格率)」のどちらもチェックすることをオススメします

 

NIT建築士専攻科

2級建築士累計合格率(2015年~2019年) 74.8%(83人/111人)

最新5か年累計合格率でも新潟県トップ合格者数&合格率

 

ちなみに過去5か年の単年合格率で、NITは合格率70%を切ったことがありません

そして、女子学生の合格率は5年連続100%!

近年2級建築士の試験は難化傾向。そんな中でも安定して合格者を輩出できる指導には、自信があります!

 

高校生の皆さんも最新2019年度(令和元年度 単年)の合格率」と「近年の累計合格率(過去3年~5年の合格率)」の2つの軸を進路研究の際の参考にしてみて下さいね!
毎年指導が着実にレベルアップしているNITで、一緒に建築士を目指しましょう

 

お役立ちコラム

●2級建築士【国家資格】って何?
住宅設計に必要な国家資格。一定規模以下の木造の建築物や鉄筋コンクリート造の建築物を設計できます。この試験の全国平均合格率は22%ほど(2019年度)で、難関資格のひとつです。

●NITで2級建築士を目指せるルートは?
★二級建築士を目指すなら、この進路が一番オススメ!
建築士学科建築士専攻科

★建築デザインに特化した学習をし、建築士も目指したい!
建築デザイン科建築士専攻科

★インテリアコーディネーターと建築士の資格、両方欲しい!
インテリアデザイン科建築士専攻科

★大工技術を持った建築士に!
建築大工科建築士専攻科

 

―――――――――――――

OPEN  CAMPUS 毎月開催中♪

IMG_0635

ご参加お待ちしています!

詳細はこちら

★好きな時間に話が聞ける!平日個別オープンキャンパスも実施中★

 

 

 

 

 

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt