◆NIT ブログ

【2級建築士+αの資格が狙える!】NITのBIM教育

NIT動画バナー   学費サポートサムネ

――――――――――――――――――――――――

 

 

みなさんこんにちは!入学相談室です。

 

今日は建築系学科志望の方向けに「NITのBIM教育」についてお話しします(^^)/

 

「建築士を目指す」ことを目標としている方の中には、「1・2級建築士の資格を取れば大丈夫」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、ほとんどすべての設計をPCで行っている現代では「設計ソフトのスキル」も同時に求められます。
特に昨今では、最新の建築ソフト「BIM」を導入している企業さんも増えてきており、「BIMの操作ができる」人材が求められる傾向にあります。(BIMとは?→こちらをチェック

 

そこでNITでは、2級建築士の取得に加え、在学中に「+αの力を身につけてほしい」と、世界で一番導入されているBIMソフト「Revit」の指導を5年前から始めました!

 

<NITのBIM指導のポイント>

ポイント①

学科ごとに異なる目標をたて、BIMレベルの向上に注力

サザエさんの家 外観 オモテ 体験BIM(のびたの部屋) 魔女の宅急便 シェーディング0716

・建築士学科→「住宅設計」ができるようになる
・建築デザイン科→「商業施設など、住宅だけでなく大きな建物の設計」にも挑戦(BIM授業量は建築士学科の約2倍)

と、学科ごとにそれぞれ到達レベルを決め勉強していきます。

ポイント②

【身につけた能力を資格で可視化】

オートデスク社公式 最新設計ソフトBIM試験「Revit Archtecture ユーザー試験」に挑戦!

 

建築士学科建築デザイン科の学生は、BIM資格試験である

オートデスク Revit Architecture ユーザー試験 に挑戦します。

この試験に、なんと「専門学校生で唯一」NIT学生が合格し、新聞にも取り上げていただきました!

ブログ用建設工業新聞(0716)

(建設工業新聞2019/7/16(火)記事より)

 

 

ポイント③

24時間、いつでもBIMの勉強ができる環境

NITでは、自分専用のPCにBIMソフトをダウンロードでき、24時間いつでも使える環境を整えています。コンペ作品を作ったり、課題をこなしていくうちにBIMの力をどんどん身につけていくことができます。

このように、NITでは「2級建築士の資格対策」+「最新建築ソフトBIM」の学習が充実しています。

NITで履歴書に書ける「技術」や「資格」を手に入れて、卒業後は建築業界で活躍していきましょう!

 

===========================

おーきゃん

次回のオープンキャンパスは8月8日!お待ちしています。

 

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt