◆NIT ブログ

建築家 中村 好文先生 特別建築講演会~業界のプロから学ぶ!NIT特別セミナーVol.1~

業界のプロから学ぶ!NIT特別セミナーVol.1

日本を代表する建築家 中村 好文 先生をお招きして、「特別建築講演会」が開催されました。

IMG_4637

講演テーマは「住宅設計に対する考え方とその魅力」です。


講演の中では多くの作品を紹介していただきました。

IMG_4581

住宅、別荘、小屋、ツリーハウス、椅子、食器、ゴマスリ器、などなど。

先生にとっては、住宅のデザインも食器のデザインも、無いところから作り出すという意味では同じ。日々の暮らしが好きだから、日々の暮らしへの関心があるからこそ、「無いものや好みのものを作りたい」という想いで生まれるデザインだそうです。

IMG_4609

数々のアイディアが詰まったデザインや事例を紹介していただいて、建築を学んでいる学生たちは、興味深々!
真剣に聞き入っていました。

IMG_4640

講演後、学生から質問をさせていただきました。
IMG_4614

Q.建築にやりがいを感じる時は?

A.日々感じます。そして、自分は趣味が建築といえるほど建築やデザインが好きです。自分の一番好きなことを仕事にしているので、そうすると一生幸せに暮らせます。

Q.パン屋さんの廃熱利用の紹介がありましたが、そういったアイディアの元になるものは何ですか?

A.よく「アイディアがひらめく」と言いますが、私の場合は違って、実際にいろいろなものを見て、自分の中の引き出しに蓄積します。そして、何か考える際、「ああ、あんな話があったな。」などと、その中から引き出してきます。
皆さんも、いろいろなものを実際に見て、本や映画を見てもいいと思います。たくさん自分の中に引き出しを作っておくといいと思いますし、また、そこから引き出せることが大切だと考えます。


美術大学の建築学科で学び、建築設計事務所に勤務した後に、「設計」と「家具のデザイン」の両方をしたいと思い、28歳で木工を1年間学んだそうです。周りにいろいろ言われたけれど、自分にとってはその時に木のことを学んだことが、とても大切だったと話してくれました。

最後に記念撮影
IMG_4650s

建築家 中村 好文 先生の建築やデザインに触れて、学生たちも刺激を受けたと思います
ここから更に学ぶ意欲につながるいい機会になりました
この講演会で得たことを活かして、学生達は、これから住宅のオリジナル設計に取り掛かる予定です

 

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt