◆NIT ブログ

外構実習~環境測量科~


介護老人保健施設 尾山愛広苑」のオファーを受けて、環境測量科2年生が外構の施工をしました!


nit%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%20%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%A2%BA%E5%AE%9A.jpg
取材に行ってきたのは、私Umiですicon:f9ceicon:note
清々しい天候の中、庭スペースに車椅子でも庭を散歩できるようにインターロッキングブロックの園路を造るため、みんな一生けんめい作業に打ち込んでいましたicon:G2dicon:f99a
%E5%A4%96%E6%A7%8B%EF%BC%92.jpg
この場所は、実は最初から平坦な庭icon:E30だったわけではありませんicon:f9a7
実習が始まった当初、大きな花壇があって周囲もデコボコだったため、まずは花壇を撤去icon:sweat
その後、測量を行い、土を掘って深さを確認icon:E57icon:f9a0図面も学生が作成しましたicon:G41
そしてようやくブロックを敷き詰める作業ができるようになったわけですicon:G2eicon:f9b8
%E5%A4%96%E6%A7%8B%EF%BC%93.JPG
地面に寝ている学生は、サボってるわけじゃないんですよicon:face_chompicon:E2f
水平係”としての重要なポジションicon:staricon:mark_ecstoramation
上からの視線では分からない傾きをしっかりチェックしているんですicon:f8f2icon:G5f
%E5%A4%96%E6%A7%8B%EF%BC%94.jpg
通路の両サイドに、インターロッキングブロックのサイズを合わせるため、“サンダー”という機械を使ってブロックをカットしますicon:body_biceps
カットした後は切り口を平らにする作業を行って、縦横の直線を確認しながらブロックを敷き詰めて……icon:face_watchingicon:f9ad
1つひとつの工程はもちろん、チームワークも大切ですicon:body_goodicon:cherryblossom
%E5%A4%96%E6%A7%8B%EF%BC%95.JPG
この日は、学生たちの奮闘ぶりicon:E52を収めようと、プロのカメラマンさんicon:G28も来てくれましたicon:f9cficon:f89f
みんないい笑顔で、ポーズもバッチリicon:G31icon:sparkling
今回の外構実習、実は「ランドスケープデザイン&施工」のプロジェクトの一環icon:memo2icon:f9be
建築デザイン科環境測量科建築大工科の3学科のコラボレーションicon:f9a4で行われていて、今年度は外構のインターロッキングブロック通路を完成させましたicon:E62
出来栄えを見た尾山愛広苑の職員の方にも、『とてもキレイになり、お願いして良かった』と、お褒めの言葉をいただきましたicon:G2e
来年度から、またこのスペースがどのように変わっていくのかicon:f9a8とっても楽しみですねicon:face_smileicon:heart_shake

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt