◆NIT ブログ

☆コンペの手法から学ぶデザイン☆

建築学科 CAD設計・監理コースの2年生が“コンペの課題”をテーマにデザインの勉強をしましたicon:sparkling


そもそも“コンペ”とはなんだろうicon:f9a8ということで、、、
・・・「コンペティション」の略。競争の意味で、建築分野では設計やデザインの競技を意味します。・・・
講師の方の(すごい賞を取った方icon:face_surprisedicon:mark_ecstoramation)作品を元にコンペの手法やポイントを学びましたicon:pencil
講義はプレゼンテーション形式で行われましたが、みんな真剣に聞き入っていますねicon:sparkling
%E5%BB%BA%E7%AF%89%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%20001.jpg
コンペで入賞する作品とは??→案と表現が両方とも優れていて実現したら面白い作品!ですicon:G2f
つまり主催者や審査員の予想を超えた作品を作る必要があります。
そのためには日ごろからの幅広い知識や発想の積み重ねが欠かせませんicon:mark_ecstoramation
きっと講義後は、モノを見る目が変わったのではないでしょうかicon:star
この講義を受けた学生の中から将来すごい賞を取る人が出てくることを願っていますicon:face_shy
●講師紹介
HAS一級建築士事務所
主宰 林 一義 氏
【プロフィール】
昭和50年4月   新潟県魚沼市に生まれる
平成8年4月~  大学で建築学を学ぶ
平成12年4月~ 東京の建築設計会社に勤務
平成20年1月   HAS一級建築士事務所設立
【主な受賞】
平成11年    JIA東北建築学生賞・優秀賞受賞
平成20年    越後杉の家デザインコンペティション(提案部)
最優秀賞受賞

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt