◆NIT ブログ

潜入シリ~ズ~設備施工実習(建築配管作業)第五週目~

 

 

20170707_01

建築設備システム科1・2年生による設備施工実習!

これまでの「潜入シリ~ズ」と同様に、家庭等で使われる水道の配管作業を行います。

五週目となる今回、生徒のみなさんは一体どれだけ腕を上げているのでしょう(^^)?

それではっ!潜入スタート!!

 

 

20170707_02

20170707_03

決められたカタチに配管を繋いでいき、最後におなじみの「蛇口」を取り付けます。

完成した配管に水を送り、水圧による「水漏れ」がなければミッションクリアー!

 

 

20170707_04

まずはかた~い鋼管(金属のパイプ)を、「弓のこ」という工具でスパッと切断。

体力のいる作業ですが、顔色ひとつ変えずスムーズに行っていました。

まさに職人技ですね(*^^*)

 

 

20170707_05

一本でも切る寸法(長さ)を間違えると配管全体が

おかしくなってしまうので、スピーディかつ丁寧に。

「あれ?オレの長くね?」「なんか曲がってるかも…」と、

友達と比べあいながら慎重に調整していきます。

 

 

20170707_06

続いては、切断したパイプ同士を繋ぐため「ねじ切り」という作業に入ります。

 

 

20170707_07

20170707_08

 

パイプの先端にらせん状の溝を入れ、「ねじ」のカタチに加工することで、

パイプ用の接続金具「継手(つぎて)」や、蛇口を取り付けられるようになるのです。

仕組みがわかるとおもしろいですね~(*^^)

 

 

20170707_09

切断・ねじ切り・接続を繰り返していると、

だんだんと課題通りのカタチに近づいて来ましたよ。

 

 

20170707_10

わからないところは、直接指導に来てくださっている職人さんに教えて貰います。

「やっぱりプロの技術はすごい。見ているだけで勉強になります」と感動。

企業連携が充実しているNITならではの、貴重な体験ですね。

 

完成した配管の通水試験(水漏れチェック)も行い、見事一発合格

1~4週目と比べて、かなり複雑な課題だったのに…(@_@)

丁寧な施工と、日ごろの勉強の成果が出ましたね♪

 

 

20170707_11

和気あいあいとしていますが、水道や空調など、

生活に欠かせない設備のプロを真剣に目指している学生たち。

 

「外観やインテリアなども大切ですが、水道・空調といった

建築の“内側”の部分も同じくらい重要!」

「何気なく使っていた設備に詳しくなれるのが楽しい」などなど、

熱い想いを語ってくれました。

 

一流の技術者を目指して、引き続きがんばりましょう~!

 

 

 

LINE友だち追加
オープンキャンパスへ行こう
オープンキャンパス
資料請求
twitter
facebook
line
よくある質問リンクNSGカレッジリーグ情報公開個人情報保護方針学校長直通ホットライン
nitで学びたい外国人の皆さまへ English 简体中文 繁體中文 한국어 Tiếng Việt